インプラント治療成功の鍵とは

1.歯科医院選びについて

インプラント治療は高度先進医療です。その治療を担当する医師には、高度な技術、経験、知識が必要です。是非インプラント治療に専門的に取り組んでいる医院をお選び下さい。
たとえば医科では、外科だけでも、消化器科・脳神経外科・心臓血管外科・小児外科・小児脳神経外科・小児心臓血管外科・整形外科・形成外科等、多岐の専門分野があり、専門医師がいます。
歯科では、小児歯科・歯科麻酔科・矯正歯科・予防歯科・口腔インプラント科・保存修復科・歯内治療科・歯周治療科・咬合科等、多岐にわたり専門分野の歯科医師がいます。

女性スタッフではなく、担当医がカウンセリングを実施している歯科医院の方が適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

CTレントゲンが設置された専門医院(CTレントゲンを安全で確実な治療の為に設置している)これは近代的なインプラント・クリニックと一般歯科医院の大きな違いです。CTレントゲン撮影は手術前の診断だけでなく、術後や数年経過後、幾度にわたり、治療経過を観察するのに必要です。歯科医院に設置されています歯科用CTは病院にある医科用CTに比べ、放射線被爆量が50分の1〜100分の1と大変体に優しいです。また、歯科用CTは画像のコンピュータ解析が非常に 優れています。

オペ専用室がある歯科医院の方が好ましいでしょう。

動物由来の生体材料に対して厳格な考えを持って、説明と同意を行っている歯科医院が安心です。
(特に国からの認可が下りていない未承認材料には注意している)

上記歯科医院をご参考下さい。

2.歯科医師選びについて

インプラント治療は、非常に進化し、ほとんど失敗することはなくなりました。今なお、年々進歩し、より良いインプラントが開発されています。インプラントの「全世界の最先端情報」は、おもにヨーロッパのインプラント学会(European Association for Osseointegration)、アメリカ本部のインプラント学会(Academy of Osseointegration)等の学会で、研究医療機関等の医師から、世界中のインプラント専門歯科医師や顎顔面外科医師等に発信されます。これらの学会等から学んでいる先生はより信頼できる知識をお持ちです。また、日本では、日本口腔インプラント学会があり、日本の研究医療機関等から最新情報が発信されています。

研究医療機関年々進化していくインプラントに費やす勉強時間、治療時間等から考えますと、医師一人で一般歯科まで担当している時間はありません。インプラントに特化している先生をお探しになられることをお勧めいたします。専門医院にはCTレントゲンなどの最新設備も設置されております。そのような医院では、安心して治療をうけることができるでしょう。また、自己流の治療法や信頼度の低いインプラントもありますので、どこの国のどのような種類のインプラントを使用されているかご確認下さい。口腔内で長持ちしないインプラントメーカーのインプラントも多く存在します。

私個人(院長・坂口)としては、近代インプラント発祥の地スウェーデン・イエテポリ大学で、研究開発されているA社インプラントを高く評価しています。理由は、このインプラントは過去のインプラントの欠点を、歯周病の世界的権威のLinde教授、工学博士のDr.Hansson、組織学のAlbrektsson教授、顎顔面外科のKahnberg教授らのグループで確実な研究開発、改良を行って非常に成功率を向上させたことや、臨床データやエビデンスを世界の専門医師に向けて発表している点にあります。しかし、他に良いシステムが開発されれば、私は、そのシステムに変えるよう、日々インプラントの情報収集しています。私は、A社インプラントを一ヶ月に70本前後、インプラントに使用していますが、過去のインプラントより、非常に骨と良好に結合することを確認しております。その他のインプラントシステムも場合により使用しています。また、B社インプラントも臨床成績が良好であることが確認されています。

3.「骨がないからインプラント治療は無理」と、治療を断念された患者様へ

骨がなくてもOK 特殊手術で不可能を可能に!

インプラント治療を行うためには、通常はそこにインプラントを植立できるだけの骨の量があるかどうかが問題になってきます。しかし、解剖学的構造から見てインプラントを植立するのが難しいという人もいるのです。たとえば上顎では、上顎洞が非常に発達していて、十分なインプラント埋入深度のとれない人。下顎では、下顎神経血管束との位置関係でインプラントを深く埋入することができない人などが、そうしたケースにあたり、一般歯科医では難症例として扱われます。

また、歯周炎がかなり進行した結果、あるいは抜歯後に長期にわたって義歯を入れてきた結果、歯槽骨を吸収生じ、インプラントを支える骨が少ない場合も、同様に困難です。一般歯科医で行うインプラントは、あくまでもインプラント植立するに足る骨がある人のみを対象にしているもので、こうした特殊なケースの方は治療を断られてしまいます。なぜなら一般歯科医がそれらに対応できる水準の技術を有していないからです。

しかし、これらの解剖学的問題に関しては、さまざまな手術法が開発されており、インプラント専門医は、そうした特殊な手術にも精通しているため、解剖学的構造を理由にインプラントを適用できないということは決してありません。むしろ、インプラント専門医には、ほかの歯科医院でインプラントを断られた患者様が、最後の望みを託して訪れるというケースも少なくないのです。解剖学的問題のある患者様に対して骨移植を行うことにより、インプラント治療は可能な時代になっています。

4.「インプラントはよくない」と、かかりつけの歯科医から言われた患者様へ

現在のインプラント治療は、非常にうまく骨と結合し、良好な結果をたどります。海外の研究病院の医師の報告や、当医院(院長・坂口)の20年間の経験から「インプラント治療は優れている」と断言いたします。今だに否定的な先生もいらっしゃいますが、本当に患者様のお気持ちを理解して考えてくれる先生かどうか、よくお考えになられてはいかがでしょうか。

5.「手術は怖い」と、ご不安な患者様へ

インプラント治療は、手術中も手術後もほとんど痛みが出ません

なぜか?と疑問に思われる患者様もいらっしゃいますでしょうが、手術専門医は「先制鎮痛法(pre-emptive analgesia)」を行っているからです。一般歯科医では通常使用されない方法です。これは手術直前に消炎鎮痛薬を静脈より投与します(痛くありません)。

飲み薬もありますが、飲み薬では胃腸障害が出たり、効果に個人差が出たり、少量のお薬で確実な方法は静脈よりの投与です。お嫌な場合は内服でも効果はあります。この「先制鎮痛法」を行うと、「脳」に痛みを感じさせる体内物質を「脳」に到達させず、痛みをまったく感じなくなります。また炎症を弱めるために傷の治りが早くなります。

うとうと眠っている間に手術が終了します

やはり「怖さ」は、精神的な問題なので、この「怖さ」を取り除く必要があります。これは「静脈内鎮静法」と言い、少量の安全な量の短時間作用する精神安定剤を静脈より投与します(痛くありません)。この方法は、生体モニター(呼吸や脈拍等・お体の状態を監視する装置)を使用して行いますので、非常に安全で、プレキュライゼーションというテクニックを使いますと、通常より少量のお薬で、効果が確実に現れます。

一方、内服薬でもかまいませんが、内服薬の効果は不安定で、作用する時間も不安定ですので、1時間半程度、うとうと眠った状態を保つには、「静脈内鎮静法」をお勧めいたします。また、鎮静の効果は、精神的な緊張がなくるので血圧の上昇等も押さえ、高血圧症等の患者様にもより安全な手術となります。

6.「インプラントは高額だから」とお思いの患者様へ

安価だからといって、従来の歯を削る治療をくり返しますと、歯が長持ちしなくなります。

歯を削る治療の悪循環


7.骨移植材と感染症

現在、特に上顎の奥歯には上顎洞と言う空洞があり(骨がないのでインプラントを入れられない)、その空洞の部分に骨移植を行いインプラントを埋入し、良好な結果をたどることがわかっています。

しかしその際、自家骨(患者様自身の骨)と他の移植材を混和させて骨移植させます。この人工骨は、牛骨を使用される場合が多々あります。この人工骨は、非常に成功率が高いと報告され、また外国では使用認可を受けている国も多いですが、日本ではまだ未承認の材料です。世界でこの手法で感染症を引き越した例は1例もありませんが、事前に医師の説明は必要と考えます。

厚生労働省からは、動物由来の移植材などの使用は極力避けるべき、との勧告が出ています。動物由来以外の骨移植材も存在しますので、ご担当医からの説明をよくお受け下さい。当医院では、できるだけ動物由来の生体材料を使用しないインプラント治療を行なっています。

8.保険治療とインプラント

現在、日本国は大きな財政赤字を抱えています。一年間の国家予算の内、医療費が30兆円、福祉まで入れると40兆円もの財政を使っています。日本国はこの膨大に膨れ上がった、医療費を抑制しようと計画しており、自己負担の割合の増加、混合治療(治療の一部を保険外にして、患者様に100%負担させる)等、私たちにとって医療費は、私達自身に負担させられるようになっていきます。従って、将来にわたりインプラントに保険が適用されることはまずないでしょう。

インプラント先進国のスウェーデン等では20才までの未成年や65才以上の老人を除いては、インプラント治療に保険がきかず、高額治療に備え民間保険に加入して毎年高い保険料を支払っています。アメリカ人も民間保険に加入して、国からの保障がないのが現状です。

また、日本ではインプラント治療はすべて自費負担治療です。一括払いやローン払い等、いろんな治療費の支払い方法があります。なお、毎回治療のたびに保険診療の再診料(約150円程度)の支払いは必要ありません。

9.予防歯科・遺伝子治療とインプラント治療の未来

ここ数年間で、日本の歯科医師の努力により、むし歯や歯周病を減少させたことは周知の事実です。これはスウェーデンのP.Axelsson先生らの研究した、むし歯の予防方法を実践する歯科医が増えていることや、歯磨材にフッ素が含有されていることにあります。

また、スウェーデンのLinde先生らにより歯周病の原因等が、多く解明されてきました。しかし、いまだにむし歯や歯周病について不明な点が多く、撲滅できない状態であります。将来は、遺伝子治療によって、むし歯や歯周病にならない人を作り出すような時代が到来するかもしれませんが、これは今では夢の構想です。そのような時代は、私達の世代では、残念ながら無理です。遺伝子治療が現在承認されているのは、癌等の一部の特定の病気のみとなっています。

インプラントも年々進化していきますし、予防歯科も益々発展し、最小限度のインプラントと、ご自身の歯で生涯を過ごせるのは、そう遠い時代ではありません。

10.Quality of Life

日本においては、憲法で、私達の自由が保障されています。私達は、私達自身の思うように生活できる社会にいます。
「健康」な生涯を送るのかどうかは自分自身で考え決定することができる時代です。そして、私達のような医療人の目的は、「健康ですこやかな生活」を願う方々のお役に立つことにあります。

では、「健康」とはどのようなことを意味するのでしょうか。医学的検査に異常がないこでしょうか。私(院長・坂口)の持論でございますが、年老いていく中で、医学的検査の少しの異常値が現れるのは、自然の現象ではないでしょうか。口腔内で申しますと、高齢になれば少なからず誰でも歯周病に罹患していますが、「不健康」なこととは思いません。「健康」とは、医学的検査値のみで決定されるのではなく、人生毎日毎日を有意義に過ごすように、日々努力をしている方々が、手に入れることのできる「幸福感」を感じることも大切な要素と存じます。

歯と「健康」「幸福」とはどのような関係があるのでしょうか。まず、食べるのには歯は必要ですし、咬むことにより、脳への血液がよくなり、老化防止に良いと言われています。また、社会の人々や家族と大切なお話しをしたり、会話を楽しんだり、お食事をしたり、楽しいひとときを過ごすために快適な歯は必要かと存じます。是非御高齢の方々にご理解して頂きたいのは、長年頑張って人生を過ごされたご先輩の方々は、人々から尊敬されるべきです。尊敬にあたいする高齢者の方々には、快適な歯があり、知的であるべきと考ています。是非、我々人生の後輩への健康な笑顔で、良き人生のアドバイザーとなって頂きたく存じます。

最後になりましたが、『インプラント治療の成功の鍵』につきまして、ご参考にして頂ければ幸いです。

▲このページトップへ戻る


インプラント情報をお届けするブログ

お問い合わせ・無料相談