入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントはとても大きな違いがあります。
ここでは、その違いをご説明いたします。


入れ歯

入れ歯は、歯ぐきにあわせて作り、人工的に歯を取り付け、その入れ歯ごと歯ぐきの上に乗せて使用します。
しかし、乗せただけであるため口の中で不安定に動き違和感を強く感じさせます。また、お手入れもしなくてはならず、壊れる可能性があり、恒久的ではありません。

入れ歯

インプラント

顎の骨に純チタン製の人工歯根を植立し、それを基に人工の歯冠を作っていくという歯の再建法です。簡単なものは一般 の歯科医院でもできますが、難しい症例や複数本を植立する場合は、手術や麻酔の専門医がいないと無理です。
顎の骨の中には、神経、血管、空洞などがあり、適切に処理しないとトラブルのもとになります。

インプラント

▲このページトップへ戻る


インプラント情報をお届けするブログ

お問い合わせ・無料相談